仕プロジェクト 京都市立御所東小学校開校記念「はじめての夏祭り~踊ろうロボットと!~」報告

 酷暑が続く8月4日,今年度の奉仕プロジェクトを実施しました。
 参加者は,児童,その家族,地元自治連関係者の方を合わせて400名を超える人数でした。
 17時から開会式が始まり,佐々木会長らによる挨拶。これに続いて6年生による伝統文化学習発表会が催され,日舞・琴等が披露され,呈茶席も設けられました。その後方では,ソフトバンクが開発したヒューマノイドロボットpepperを5台展示し,児童らがロボットと触れ合う機会を提供しました。児童らも大興奮で取り巻きができていました。
 17時30分から夏祭り開始。飲食ブース・模擬店ブースに人だかりができ,児童らも祭りを楽しんでいる様子でした。
 19時からメインイベントである盆踊りを開始。最初は,日本人特有のシャイな性格だったり,模擬店に興じたりで踊りの輪がなかなか形成されませんでしたが,学校の先生やロータリアンの呼びかけにより,最後には皆で炭坑節を踊り,久我副会長の挨拶で無事終了となりました。
 連日の酷暑でどうなるかと思いましたが,ロータリアンの底力で設営・運営・撤収まで事故もなくスムーズに運び,洛中RCの結束力の強さを改めて実感しました。会長が当初からおっしゃっていた,全員参加型・地域密着型の事業を終えることができ,ご参加ご協力いただいた会員のみなさまには厚くお礼申し上げます。ありがとうございました。
 今回培った祭りのノウハウを,クラブとして継承して今後に生かしていただければ幸いです(私は遠慮しておきます)。