≫ 閉じる


     奉仕プロジェクト職業奉仕委員長 小﨑雅也

 10月23日(火)例会界終了後13:40~14:30京都ホテルオークラ3階翠雲の間において4委員会合同の奉仕プロジェクト合同フォーラムを開催いたしました。
 今回のフォーラムでは大成建設株式会社京都支店参与で当クラブ元会員の浦山哲氏に「東日本大震災の教訓を活かすために」という演題で講演いただいた。
 大成建設が行った大震災の発生時の初期活動、その後のがれき処理、原発の対応、現在の状況について映像を交え説明された。そして東日本大震災の教訓を活かすために「個人として」、「会社として」、「建設会社として」、「社会としての準備と今後のあり方」を教訓としていかに活かすかを各レベルで考えなければならないと述べられた。
 今回のフォーラムは「奉仕の原点…助け合いの心」強化・行動・継続という今年度会長テーマに沿った内容で奉仕の実践について学ぶことができた意義あるものであった。