≫ 閉じる

◆納涼同伴親睦会の報告

親睦活動・SHN委員会 副委員長 半井利弥
日 時  2013年8月20日(火) 18:30~20:45
場 所  京都ホテル オークラ 3階「翠雲の間」

 早瀬親睦活動・SHN委員の司会の下、「洛中ロータリーの歌」を斉唱後、今井会長挨拶と、小西 博会員の「乾杯」の発声でスタート、豪華な中華料理と各種ドリンク類が提供される中、京都ホテル オークラの方々のご丁重な対応で、明るい雰囲気の中、福島物産展の「船橋屋」のお菓子、ビンゴゲーム券などが完売されました。
 その明るい雰囲気に「輪」を掛けたのが、「大野・小梶・才門・中山楽団」です。
 数年前の「雑音クラッシック」の域から大きく超えられ、その素晴らしい演奏には、目を見張るものがあり、聴く人は心身共に打たれ、大声に包まれた中、無事「手作り音楽会」が終了しました。その間、準備を完了した2種類のゲームも再開され、「ビンゴ景品」も“よし、やった!!”との気持ちで受け取られ、「逆・ビンゴゲーム」も最終は「ジャンケン」で景品を分配され、無事終了いたしました。
 予定の時間も過ぎ、9時15分に男女仲良く全員で「手に手」をつないで「円陣」をつくり、大合唱の中、散会となりましたが、一人一人の目が輝き、心身ともに喜びと充実感を感じられたと思いました。皆様も今後、更に一層 「現在、未来も頑張る」 との気持ちになられたと思います。
 親睦活動・SHN委員会は、6月以降、数回の委員会の開催、細部に亘り注意事項への指示をされ、クラブの会員に協力・支援を要請されました。その結果、ご出席の原町中央RC鎌田淳一副会長様より福島の地酒をプレゼントして頂き、各テーブルで会員各位にお楽しみいただきました。又、当クラブの会員より、様々なお品の提供を頂き、その上に、「暖かい真心」・「会員各位との強い絆」も頂き、委員会として、更なる成長と団結が深められたと確信しています。本当に有難うございました。
 心から重ね重ね厚くお礼申し上げます。最後になりましたが、親睦活動・SHN委員会全員で、会員とご夫人のご健勝を祈念申し上げ、納涼同伴親睦会の報告書といたします。
参加者66名(会員44名、夫人14名、ゲスト8名)