≫ 閉じる


 藤堂稔之

 四条南座の直ぐ東側にある市村氏のお宅、毎月第二土曜日には此処に会員が集います。
 先に来たもの同士で対局が始まり、4,5人にもなると結構賑やかになってきます。
 中盤にもなると「此処はどう行けばよい」と助け舟を請う者もあれば、「こうしたらどうか」と観戦者からも声がでる。
 後半にも差し掛かると盤面は複雑になり、「目移りする」という声や「どっちが勝ってる」のといった声も出る、途中であっと驚くどんでん返しもあれば、打ち終えて整理してみると「ええ!負けてる」とがっかりする場面もある。
 囲碁の面白さはなんでもない白黒の石がかもし出す奥深さ、何度打っても同じことにはならない変化、初歩の人から経験者まで楽しく学ぶことができるといったところにある。
 経験に応じハンディをつけるのが普通であり、誰でも参加し易くなっている。
 しかも時間は数時間あればじっくり対局することができる。
 年をとってもいつまでもできるし、頭の体操にもなる。
 皆さんもやってみませんか?