≫ 閉じる


インターアクト委員会委員長 小林千春

 インターアクト委員長を拝命して1年間活動して参りました。
 今年度は、高校1年生が9名、高校2年生が3名と比較的アクターが多く、活動自体は積極的に行うことができました。
 今年度の活動は、「心のいやし事業」での新世代交流会にはじまり、姉妹都市青少年交流会議への参加、東北地方への夏期研修、「ローターアクトの日」(京都市内でのゴミ拾い)への参加、インターアクト地区大会(宇治市)、地区大会「新世代フォーラム」、あしなが募金活動、世界平和フォーラム広島への参加等多岐にわたりました。
 また、このような活動の成果として、インターアクト地区大会において「優秀賞」に選ばれました。
 自分が高校生だったころを振り返り、高校生で奉仕活動をするということがピンと来ず、平成24年8月に行った懇談会で、アクターに入会動機を尋ねてみました。すると、「先輩に誘われた」という受け身型に始まり、「クラブ活動をしていた実績を残せる」という実利型、「IACはクラブ活動の時間が少ないので、勉強と両立できる」という要領型、「友達を増やしたい」という交流型等々さまざまな回答を得られ、なるほどなぁと納得させられました。
 最後になりましたが、インターアクトクラブへのご支援、ありがとうございました。